「婦宝当帰膠」は女性への優しさが70%の商品!当帰についても解説!

婦宝当帰膠はどんな商品!?

特徴

婦宝当帰膠は「婦人の宝」とよばれる漢方薬であり、「婦人の要薬」とされる当帰が70%入った漢方薬です。
元々の処方は当帰養血膏と呼ばれる処方を基に作られております。
当帰の詳しい説明はこの下に書かせていただきますが、補血(体の栄養分を増やして潤す)活血(血流を良くする)月経を整える働きのある生薬です。
女子以血為本(女子は血を以て本と為す)という言葉が中医学にはあります。これは女性の健康は血の充実の元で成り立っているということです。婦宝当帰膠が女性の宝として、ベストセラー漢方になるのも「血」を充実することが出来るからです。

一般用の漢方薬は粉や錠剤や丸剤のものが多いのですが、婦宝当帰膠はシロップ剤なんです。
だから、甘くておいしく飲めちゃうのが特徴です!

添加物に白糖と黒糖が入っているのですが、防腐剤が入っていないのも良いところ!
添加物大国の日本では嬉しい事ですね!

効能効果

更年期障害、肩こり、貧血、腰痛、めまい、のぼせ、耳鳴り、生理不順、生理痛、冷え性

などと記載されておりますが、子宝などを望む方や血虚の方には非常に幅広く用いることが出来ます。

配合生薬

当帰、黄耆、地黄、芍薬、茯苓、甘草、川芎、党参、阿膠の8種類で構成される処方
生薬総量の70%が女性への優しさと言っても過言ではない「当帰」が占めております!

阿膠(アキョウ)

楊貴妃が愛用していたといわれる、ロバのにかわの補血薬。
子宮卵巣機能を良くし妊娠力を高める。アンチエイジングの働きがあり肌や髪の毛をきれいにする。

芍薬(シャクヤク)
自律神経のバランスをほぐしてくれる柔肝作用、痛みを和らげる働きもある補血薬

地黄(ジオウ)
子宮卵巣などの生殖機能や生命力と関係が深い「腎」を補う補血薬

川芎(センキュウ)
痛みに対する効果がある活血薬

党参(トウジン)
胃腸の動きを良くし、元気にする補気薬

茯苓(ブクリョウ)
胃腸機能を整えながら水分代謝を良くする利水薬

黄耆(オウギ)
血を補うのをサポートする補気薬

甘草(カンゾウ)
生薬のバランスをとり、胃腸を守る補気薬

気になるお値段

1本入り300mL(約1か月分):5340円(税抜)
2本入り600mL(約2か月分):9710円(税抜)

当帰(とうき)について

当帰の中医学での効能

婦人科の要薬・良薬とされ、婦人科には欠かせない生薬とされている。
血を増やして血流よくして、生理を整えてくれて、温めてくれて、お通じも良くしてくれる女性に優しい生薬です。

僕は当帰をジェントルマン生薬と呼んでいます(笑)

①補血
血虚と言われる状態に用いて血を補う働き
貧血、冷え症、乾燥肌、肌荒れ、立ち眩み、めまい、顔色につやがないなどに応用する。

②調経
生理を整える働き
生理不順、生理痛、不妊症などに応用する。

③活血
血液の循環を改善する働き。
肩こり、頭痛、生理痛、関節痛、痺れなどに応用する。

④順調通便
便を潤して排便を助ける働き。

本来は補血には当帰身といい当帰の太いところが良く、活血には当帰尾といい先の細いところが良いとされております。

当帰を主成分とする漢方薬の研究で明らかになっている効果

①造血作用
②女性ホルモン調節作用
③卵巣機能改善・卵胞発育促進作用
④卵巣老化萎縮の予防作用
⑤子宮内膜改善作用
⑥凍結胚移植の着床率増加作用
⑦流産の防止
⑧子宮の炎症の抑制
⑨鎮痛作用
⑩微小循環改善作用

このように当帰が入っている漢方薬は西洋医学的な観点で考えてもとても有用な生薬であることが明らかになっております。

当帰が合わない人・副作用

当帰は血を補い、便を潤す働きがあります。稀に下してしまう方もみえます。

胃腸が弱く、膨満感を感じる方や下痢しやすい方、不正出血が多い方は注意が必要です

最後に

婦宝当帰膠は女性の味方となり、非常に飲みやすく手軽に始められる漢方薬です。悠伸堂でも多くの方が飲まれている漢方薬でございます。

もし気になっているけど、ホントにこれで良いんか心配なあなたは是非お気軽にご相談くださいね!安心してお飲みいただけるようサポートさせていただきます。

季節の養生法を配信するLINE@を始めました!

是非、ご登録ください!
友だち追加ボタンかQRコードより!

愛知県岡崎市の漢方薬局│悠伸堂(ゆうしんどう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です